YOSHINONO NIKKI

よしのの日記

2018/03/20に女の子(よしの)が産まれました。

買って良かった・買わなくても良かったベビー用品 (授乳編)

 
私は完母(完全母乳)で育児をしています。でも、産んでみるまで、自分が母乳の出る人か否かは分かりません。
 
ということで、最低限はミルク育児関係も揃えておきましょう。それに、完母でも母乳瓶等が必要になるシーンはあります。以下、私が購入した物を紹介しています。
 
 

買って良かったベビー用品

授乳ブラジャー

私は産後1ヶ月くらいして、やっぱり必要!と思い買いました。早く買っておけば良かったです。
 

私が購入したのはコチラ↓

 
普段A70かB65ですが、Mサイズでちょうど良かったです。
調整可能なホックも付いていて、胸がパンパンに張っていた時は便利でした。妊娠中にユニクロのブラトップをまとめ買いをして、それはそれは快適でした。授乳もブラトップで出来るとネットで見て、一石二鳥と喜んでいました。
 
人によるとは思いますが、私は産後はブラトップ合わなかったです。授乳自体はできないことないのですが、母乳の出が良すぎたので、授乳パッドをしていても授乳している最中に漏れてブラトップのパッドに母乳が染みて不衛生な状態に…。
 
それだけなら良かったのですが、サイズの問題なんでしょうが、脇の方の胸が圧迫されていて痛かったです。ブラトップだけの問題ではないのですが、シコリができて大変でした。
 
授乳ブラに替えてから、胸がかなり楽になり、なんて快適なんだと感動しました。
 
授乳を始めてから様子を見て買い足しても良いと思いますが、1枚でも持っていると良いと思います。
 
それと、私のようにもったいないと我慢するのはやめましょう…。
 

母乳パッド

ないと生きていけないくらい必需品です。産後4ヶ月頃から分泌が緩やかになりましたが、それまでは赤ちゃんの喉にシャーと直撃!むせる!の日々でしたので、なかったら服がビシャビシャでした。
 
私の母も同じく母乳の出が良かったとのことですが、当時は布おむつを当てていたそうです。面倒…。文明の力に感謝です。
 
ピジョンでプレミアムケアというお高めな方も使ったこともありますが、こちらの商品で十分でした。正直違いが分かりません…。 
 

授乳クッション

バー付き、お座りの練習に使える、柄がシンプルが条件でした。意外となかったです。
 

授乳ケープ

私の心の友です(笑)産後出かけるようになって、他のママさんのケープ見る機会が多いですが、私のケープが一番良い!と心の中で自画自賛しています。
 
見えてますよー。っていう人結構います。気にしてないのでしょうか。私は絶対嫌なので、子どもが蹴ってもめくり上げにくい伸縮性のあるこちらの商品は正解でした。それに柄も可愛い。
 
 
 

授乳服(おしゃれ着)

マタニティウェアを1着しか買わなかった私は、授乳服は1着も買わないつもりでした。
 
授乳ストラップがあれば、いらないでしょ。と思ったからです。
 
それが、お宮参りの時に困った困った。スーツでも良かったのですが、なんていうか夫婦でスーツの画が、なんていうか華がない。それに、唯一の来賓?の私の母もスーツで来るという。
 
流石に3人でスーツはナシでしょう。ということで買いました。
 
どうせなら、長く着られる物をと思い、マタニティOKで、子どもの入学式やら授業参観やらのイベントで素敵ママを演出できそうなワンピースにしました。
 
身長172cmの私には膝上の丈になりましたが、そこは若い?っていうことで目をつむります。
 
 

抱っこ紐

抱っこ紐に赤ちゃんを入れたまま授乳できるなんて信じられますか?

寝かしつけに最高!と思って愛用していた抱っこ紐が赤ちゃんを入れたまま授乳できることに5ヶ月も気がつきませんでした…。 

1.高めの位置で抱っこできている。(赤ちゃんの頭にキスできるくらい。何回か練習すればできるようになります。)

2.授乳服など(私はキャミソールなどの軽装)を着用している。

 

この2点ができていれば、服をめくって赤ちゃんに乳首をくわえさせるだけで授乳できます。なんて便利!出来た時は感動しました。

 

哺乳瓶

完母でも哺乳瓶は必要です。胸の張りがあるので長時間は外出出来ませんが、産後体調が戻ってくれば、夫に子どもを任せて短時間の外出をすることもあるでしょう。
 
そんな時には哺乳瓶に搾乳しましょう。手で絞って、乳首をつけて、蓋をして冷蔵庫へ。ご主人には湯煎にかけてもらうように頼みましょう。
 
授乳間隔が安定していて、母乳がしっかり出るようであれば、外出直前に授乳をして搾乳をして外出すれば、粉ミルクをあげずに済みます。
 
こちらの商品は広口なので調乳しやすく洗いやすいです。もちろん、そのまま搾乳もしやすいです。 また、倒してもこぼれないところも良いです。
 

乳首(哺乳瓶の吸い口)

完母でも哺乳瓶で母乳をあげる際に必要です。外出時以外にも、乳首が切れて痛い時には搾乳して哺乳瓶であげると良いでしょう。
また、乳頭保護器の代わりとして使えます。
 
 

粉ミルク

外出時にストックしておいた母乳を飲んでしまったら、もう粉ミルクしかありません。ご主人に作り方を伝授しておきましょう。
 
使っている人をよく見かけると思ったら日本一の購入数とのこと。キューブなので測る必要がないと 、安心な成分が購入の決め手でした。
 

買わなくても良かったベビー用品

乳頭保護器

試用期間が短いので、わざわざ買わなくて良かったです。産院で裏技を教えてもらいました!哺乳瓶の乳首を外して、自分の乳首に当てて使います。赤ちゃんが吸うと、ピタッと真空になります。
 

乳頭ケアクリーム

家に馬油があったので、馬油を塗ってラップしておきました。
 

搾乳機

色々考え方はあると思いますが、搾乳機を使うとどんどん分泌されると言われました。赤ちゃんが吸うのとは違い、偏りもあるそうです。
 

授乳服(普段着)

元々襟付きシャツが好きなので、授乳ケープさえあれば必要ないです。前開きの服以外でも、授乳ストラップを使えば大丈夫です。ワンピースは…やったことないですけど、無理かな。
 

授乳ストラップ

100均の髪ゴムの切って使う1mくらいあるタイプで代用できます。
 
端と端を結んで、首から下げて、服の下に入れて、下の輪っかを首に掛ければバッチリです。